「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
障がい者施設で起きた事件 
障がい者施設で信じられないような事件が起きました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
ご家族の皆さまには、心からお悔やみ申し上げます。
けがをされた方々が一日も早く回復されることを願っています。

全国手をつなぐ育成会連合会 会長 久保 厚子さんのメッセージを
子どもの通所施設から、お手紙として受け取りました。
一部、載せます。

容疑者は「障害者はいなくなればいい」と話していたそうです。
みなさんの中には、そのことで 不安に感じる人も たくさんいると思います。
そんなときは、身近な人に 不安な気持ちを 話しましょう。

みなさんの家族や友達、仕事の仲間、支援者は、きっと 話を聞いてくれます。
そして、いつもと同じように 毎日を過ごしましょう。

不安だからといって、生活のしかたを 変える必要は ありません。

障害のある人もない人も、私たちは 一人ひとりが 大切な存在です。
障害があるからといって 誰かに傷つけられたりすることは、あってはなりません。

もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、
私たち家族は 全力でみなさんのことを 守ります。

ですから、安心して、堂々と 生きてください。 

以上が、久保さんからのメッセージです。


障がい者だけでなく高齢者
要介護や要支援を必要とする家族を持つと
「この子(親)は、生きてる価値はあるのだろうか?」という気持ちを抱え
日々悩み、家族だからこそ苦しいと思います。

この事件は、特異な容疑者だったり、偏った思想でなく
障害者や高齢者に対し、世間の目はどこかで
「税金の無駄遣い」と思っているのだろうか?と。
(以前 特別支援学校の今でも書きましたが)
そういうショックを受けました。

ですが、私にとっては、
「子どもが一生懸命生きている姿が、私の励み」です。
苦しい幼児期、大変な思春期を超えて
成人式を過ぎた子どもとのやりとりが、日々のできごとであり
一日の終わりにほっとする。そんな時がようやく・・・です。


障がい者福祉施設や入所施設、重複障害という言葉を
今度の事件で知った方も多いと思います。

重い障害ゆえの苦しみ。
親子、兄弟ともに、やっと訪れた穏やかな日々
支えてくれる職員さんとともに過ごす安心感
会いに行く、会えるときを楽しみにしていた家族
それは、きっと高齢者でも同じだと思います。

やっと折り合いをがついてきた感情が
私も一緒に折れたような、不安で複雑な思いです。

二度とこのようなことが起こらないようにと祈ります。

それと同時に、障がい者施設やグループホームに
「防犯」意識がなければいけない世の中になったことを
事実として受け止め、対策を講じねばと思います。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→  

新たにグループホームのお問い合わせページを作成しました。→  

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村


[PR]
# by Rhythm_studio | 2016-07-30 17:25 | ♪障害児母のつぶやき | Trackback
あさイチ ~ほめて伸ばす!子どもの発達障害~ 早期療育は必要か?
NHKの「あさイチ」で
ほめて伸ばす!子どもの発達障害という特集がありました。

発達障害の子どもの療育方法、ABA(応用行動分析)で
「うまくできたら、すぐにほめる」
「課題を細かいステップに区切って教える」。
望ましい行動の直後に褒める、
望ましくない行動の時には反応しないことで
望ましい行動が増えるという方法です。

放送では、上記の内容を早期療育として
幼児期に家庭でも取り入れ、上手にできた例を伝えていました。
でも、うまくいかないことが多いのが子育てであり
障害のある子は、そう簡単に、こだわりから離れない
問題行動は次から次へというのが日常。

子どもの発達に悩むころは、家庭内は不安でいっぱい。
診断を受けたころの親は、一生懸命過ぎるくらい頑張っています。

うちでも子どもが3歳前から、いろいろ調べました(まだ本の時代)。
私立の療育園に母子通園し、ほかに言語療法に通っていました。
(療育はTEACCHに近い手法かも?
 言語はABAを取り入れていたかな?自分から言葉を発する方法)

長く待って、やっと受診した病院は、診断だけで終わり
これからどうしたらいいか~などないのが現実。
早期療育という言葉は、情報が乏しい時代でも追い詰められ
なんとかしなければと焦りました。
家庭でもありとあらゆることを試しました。
(そうそうオキシトシンも個人輸入してました)
情報化社会の今、親はもっと振り回されているのでは?
それと、最近、発達障害関連のビジネスが多すぎる!それも高い!と感じます。

あれから20年以上が過ぎ、
障害はあるけれど子どもは働く青年となりました。
今だって、問題行動は多々ありますが、
もっと早く療育に取り組んでいたら?という思いはありません。

振り返ると、一番苦しかったのは思春期です。
だからこそ思春期までに、親子の信頼関係、愛情をしっかり確認してほしい。

そして、ゆっくりではあるけれど、子どもは成長する。
一人ひとり、伸びる時、落ち着いてくるときは、違うと思います。
だから、若いお母さん、自分を追い込まないで、無理しないで。
家庭は、親にとっても子にとっても心地よい場でありたいですね。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
# by Rhythm_studio | 2016-07-02 20:01 | ♪障害児母のつぶやき | Trackback
グループホームの現状 ~スプリンクラー問題~
新築のグループホームでも建築基準法・都市計画法・消防法は、大変複雑ですが
既存物件のリフォームの場合は
建築基準法で「用途変更」が必要になることもあります。

一般住宅をリフォームするときには、行政の福祉担当だけでなく
都市計画担当の部署へも申請許可が必要です。

グループホームが、共同住居や寄宿舎扱いになるなど
いまだに、地域によっては地区計画の制限があったり
職住分離の問題で、作業所と一緒に建設できないなど注意が必要です。

現状は、公的資金も乏しいことから、福祉法人の自主建築は稀で
公営住宅や民間の空き家を使っているリフォーム物件が多く
バリアフリーやプライバシーの確保の面でも問題があります。

厚生労働省の2013年の調査によると
障害者グループホームの1万5千のうち、7割が賃貸でした。

グループホームの火災が問題になってから
スプリンクラー設置が義務づけられ、高額の設置費用は、大きな負担となっています。
賃貸の場合、家主から設置を認められなければ、住めなくなる恐れもあります。

社会福祉施設へのスプリンクラー設置基準は
多数の入居者が亡くなる火災が起きるたびに厳しくなっています。
2018年4月以降は、設置しない場合、自治体から指導を受けます。

スプリンクラーを後付けで設置する場合
賃貸マンションのグループホームで400万~500万円が必要です。

国の補助制度はありますが、補助枠が狭く、受けるのは難しいようです。

グループホームの経営は収支がほぼ同じというケースも多く
想定外の出費は経営を圧迫しかねない状況です。

スプリンクラー設置だけのリフォームに多額の費用を払うのならば
利用者さんがより使いやすいように、この際、新築へというご意見をよく伺います。

もちろん、入居者の一人ひとりにとって
安全、安心な住まいとなるように、建築・運営ともに考え
障害の重い人とも訓練を重ね、指示に沿って避難できるようにするなど
スプリンクラー以外の安全対策も必要です。

火事だけが災害ではありません。
これからは、災害時避難計画を施設の全体計画と個別支援計画としても考えていくべきです。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらです→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
# by Rhythm_studio | 2016-06-26 09:31 | ♪設計現場から | Trackback
合理的配慮とは? 難しく考えず、個別支援です!
平成28 年4月1日から「障害者差別解消法」が施行されました。
この法律は、障害を理由とする差別の解消・・・と難しい言葉が並びますが
「合理的配慮」がなされているか?が重要になります。
企業だけではありません。
福祉施設でも障がい者権利擁護を再認識して勉強しています。

今の生活介護施設で5年目です。
個別支援計画の内容も変わってきました。
より具体的な到達目標に向けて、本人の役割の支援内容があります。

障害のある子を育てていると
日々、変わらないと思うこともありますが、
小さなことから子どもの成長を実感します。

先日、トゥギャザーのお菓子の販売会に一緒に行きました。
前回一緒に行ったときに、並んでいるお菓子を全部買おうとするし!
(ビュッフェとか、たくさん食べ物を見ると大変なんですよ^^;)
私が話をしているのが待てなくて「早く帰ろうよ~」になりました。

今回は、子どもと離れる時間が必要だったので
どうしたら待てるか、行く前に予定を一緒に作り、話しました。
(これも個別支援計画です^^)

「販売会のお手伝いをしてくれる?」
(うろうろして待つのは限界がある)
「エプロンをして、あいさつをしようね」。
「1時間がんばれるかな?」

販売会に到着すると予定がわかっていて、スイッチが入り
自分からエプロンをして、がんばるつもりの笑顔です。
こういう時は、母子分離のチャンス。
近くにいたり、たびたび顔を見せると
かえって反応をうかがい、言葉が多くなります。

1時間後、疲れたのか、時々座り込みながらも
お客さんが通るたび立ち上がっては、あいさつをしていました。
(毎日の作業は、厨房で立ち作業ですが
 週末は昼寝してます。昼寝モードに入っていたかな?)

そして、エプロンをとってお買い物タイムへ。
これまでは、見たもの全部ほしい~!でしたが
1時間、商品を見ていたので、うわ~っとならずに選びました。
熊本応援のくまもんのイラストがついたお菓子でした。
(うちの子、くまもんに似てます^^)

上手に見守ってくださったのは
トゥギャザーの職員さん!さすがです!!
支援とは、「その人」に必要な配慮が何か?という
個別支援、アセスメントを把握することです。
それが、合理的配慮につながると思います。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを
多くの方に知っていただきたく、にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いいたします。
[PR]
# by Rhythm_studio | 2016-05-30 18:16 | ♪障害児母のつぶやき | Trackback
父 中條桂との別れ
b0213333_14321848.jpg


4月3日(日曜)未明 父 中條桂が安らかに旅立ちました。

約1年半のがん闘病、治療をしながら仕事を続け
(がん治療と終末期医療に少し記載しています)

3月に、緩和ケア病棟に入院してからも
デイルームで毎日のように会議!
個室を訪れるスーツ姿の会社関係者に演説、指示。
看護師さんたちは、びっくりぽん!

4月2日の土曜日「あさが来た」の最終回をみたあとは
午前中、いつもと変わらず、机にノートを広げて
自分で削った鉛筆で書き書き
お仕事をしてから、午後から母とお花見へ。

大好きな桜が満開になり、母の車で窓からお花見をし
その夜、母の手を握り、眠るように旅立ちました。


先週、父の希望通りの葬儀を滞りなくすませることができました。
遺影の写真は、父が選びました。
自分の葬儀を全部ブロデュース、完璧な終活でした。

死は、一生に一度だけれど、本人はいない。
生前に意志を確実に伝えていきました。
奇跡は起こらない。死は確実に近づいている。

最後の最後まで全力を尽くして生きる。
今できることを息が絶えるその時まで。
生きることと同じように、死にも一生懸命向き合いました。

荼毘に付された奈良・若草山の麓
奈良公園、興福寺、東大寺、春日大社
満開の桜と芝の緑に鹿がのんびりと。
幻想的な美しい景色を忘れることができません。

父は、幸せな人生でした。

存分に仕事をして、多くの皆様と語らい、飲み、
母と一緒に、日本中の四季を楽しみ
世界中を旅して、充実した人生であったと語っていました。

残された私どもは、未熟ではございますが
父の信念に従い、精進していく所存でございます。

どうぞこれからも
認定NPO法人トゥギャザーをよろしくお願いいたします。

b0213333_14324286.jpg

[PR]
# by Rhythm_studio | 2016-04-11 15:25 | ♪認定NPO法人トゥギャザー | Trackback