グループホーム設立へ 建築主体・運営主体の選定
グループホームを設立するには、建築・運営の主体を明らかにする必要があります。
行政へグループホームの設立を申請するとき
「設置意向調査票」を提出します。

調査票には「設置運営主体の法人」が必要で
法人名での申請になります。
個人では、行政の許可が下りません。
建築・運営を円滑にするためにも
主体を明らかにして、法人(社会福祉法人、NPO法人)のバックアップ体制を得ましょう。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらです→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2011-04-17 15:13 | ♪グループホームの運営


<< 入居者が主役のグループホームを グループホームの必要性・意義 >>