グループホームを新築する場合
新築する場合

①社会福祉法人が建築主体となり新築する場合
社会福祉法人が保有または、借りた土地に新築するケースです。
法人の自己資金や各種助成金、金融機関からの借り入れ
入居が予定される利用者の保護者からの資金協力などで
資金計画から練り、実現している事例も見受けられます。

②オーナーが新築して、社会福祉法人が一括借り上げる場合
土地活用として、土地のオーナーが
グループホーム建築を前提に
社会福祉法人と相談して希望するプランで建てるケースです。

社会福祉法人が運営しますが、
定期借地権や30年一括借り上げなど
これからのグループホームの設立として、大変期待されます。
建て貸し方式によるグループホームです

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらです→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2011-05-15 16:15 | ♪グループホームの運営


<< グループホームの収支  グルー... 入居者が主役のグループホームを >>