成年後見制度とは 
成年後見制度は、認知症や障害などにより
自分で十分な判断を行うことができない人のために
権利や財産を守る制度です。

判断能力が十分でなくなった人が
介護に関する契約を結んだり
預貯金や不動産の管理、遺産分割の協議
本人に不利益にならないように
保護し支援するためにあります。

成年後見制度には、下記の2つがあります。
 ・判断能力がすでに低下している場合
 ①「法定後見制度」
  さらに3つに区分されて

  ・後見(判断能力なし)      愛護手帳で1度
  ・保佐(判断能力が著しく不十分) 愛護手帳で2~3度
  ・補助(判断能力が不十分)    愛護手帳で3~4度

 ・判断能力が不十分になる前に備える
 ②「任意後見制度」
  
成年後見人に与えられる権限は、大きく3つ
 ①代理権
  財産を管理し、財産に関する法律行為について
  被後見人を代表(代理)する権限。
  預貯金の管理、不動産などの財産処分、遺産分割、賃貸借契約など
  生活に関する法律行為、介護契約、施設入所、医療契約など

 ②取消権
  被後見人が契約した法律行為を取り消すことができる。
  被後見人が行った法律行為はすべて取り消しできます。
  が、日常品の購入など、日常生活の行為は対象外です。

 ③同意権
  被保佐人は、重要な法律行為をする時には
  その保佐人の同意を得なければならない。
  
後見人の業務は、原則被後見人が死亡するまでです。
トラブルも聞こえてきます。
慎重に、任意後見制度から、不十分になる前から、考えていきましょう。
申し立ては、本人の住所地を管轄する家庭裁判所です。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらです→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2011-09-21 14:27 | ♪変わる支援法


<< 家賃補助(補足給付)について 経済産業省のソーシャルビジネス... >>