建て貸し方式によるグループホーム 2
グループホームを検討している保護者から
「通所している施設では、グループホームを建てる計画がない」
という話をよく聞きます。

実際に、就労移行や就労継続支援A型 B型の通所施設では
グループホームを運営するには、人が足らず、難しいと言われます。

働く場とグループホームが、同じ法人でなくてもいいのでは?
運営する法人からみると、グループホームの利用者全員が
同じ法人内の施設で、日中活動を過ごしているわけではありません。
名古屋市内では、グループホームに地域枠があり
ホームの所在地域から、法人外の利用者さんが入居しています。

支援する職員さんが、施設、法人の壁を越えて、話し合う機会を設けたり
スタッフへの提示、啓発活動が、ますます必要になってきました。

また、建て貸し方式によるグループホームで書きましたが
土地の有効活用をお考えのオーナーに
グループホームを建てていただき、
運営主体の福祉法人が一括して借り上げると
福祉法人に土地、自己資金がなくても
オーダーメイドのグループホームの建築が可能になり
保護者の熱意から、建て貸し方式を検討して、
グループホームの実現へと結びついていく実例もあります。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-06-20 17:28 | ♪グループホームの運営


<< グループホーム あいあい ~社... お医者さん探し ヘルパーさん探し >>