敬老パスを落してしまった!
以前に、福祉乗車券を落としてしまったことがあり
区役所の福祉課へ届け出から1カ月後に、再発行となり
その間は、通勤用の1か月定期をマナカで作りました。

昨年は、移動支援のヘルパーさんが
介護者用の福祉乗車券を落として

介護者用の乗車券も、届けてから再発行に1カ月かかりました。

マナカは、名古屋を中心に、名鉄や名古屋市営地下鉄で使用するICカードです。
記名式マナカでは、地下鉄の窓口で、再発行手続きを取り
紛失再発行整理票が発行されて、マナカの使用停止措置になり
手数料500円、新しいデポジット500円
あわせて1000円で、再発行ができます。

今度は、敬老パスって・・・
名古屋では敬老パスと呼んでいる、高齢者の優待乗車証。
実家での出来事で、奈良市では「老春手帳」といいます。
名前からして?ですが、平成27年から「ななまるカード」へ変わりました。
どちらにしても、落とした本人も、家族にとっても解りにくいことばかり。

ICカードにチャージしたお金は、デポジットと手数料500円で停止できたようですが
市役所も、奈良交通(奈良には市バスがないので)、警察も?ばかりでしたよ。
落し物って、今はネットで、担当地域の警察を検索して問い合わせるのですね~
パソコンが使えない高齢者にはどうしたらよいのやら?
障害者も高齢者もかかえる家庭としては、悩むことが多いです。

さて、この春、地域で暮らすグループホームは着実に!
3月15日は、三重県菰野町に竣工してOPENするグループホームは
トゥギャザーのHPへのお問い合わせから始まりました!


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2015-03-03 19:42 | ♪障害児母のつぶやき


<< グループホーム 「安心の館」 ... 認定NPO法人トゥギャザーのH... >>