抗がん剤3クール目と病院の年末年始
お正月休みに、貧血、チアノーゼ、瞳孔が開く
意識がなくなるほどの抗がん剤の副作用があらわれ!
なんとか回復したものの、心配です。

年明けの診察予約まで待たないと
がん専門病院は、救急は受付けてないし
外来に予約なしで並ぶのは、とても無理。
病院の年末年始休みは、いつも不安になります。

やっと診察になると検査、再検査が続き
抗がん剤3クール目は、入院して2週間過ぎてから~。
今回から、シスプラチンをネダプラチンに変えて
+5FUフルオロウラシルを5日間点滴
3回目の入院は、27日間、ほぼ1ヶ月。

腹部の痛み止めに
オキノーム(即効力)オキシコンチン(ゆっくり効く)使用
入院が長くなると、外出の仕事ができなくなり
病院へ通う家族もクタクタでした。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-01-30 16:17 | ♪がん治療と終末期医療


<< 抗がん剤4クール目と放射線治療 抗がん剤治療2クール目 >>