人気ブログランキング |
抗がん剤7クール目終了。次の抗がん剤は~
抗がん剤治療6クール目のあとは
「建て貸し方式」によるグループホームの提案について
グランフロント大阪にて、講演したり

暑い夏の収穫祭~トゥギャザーの花と緑いっぱい運動~に参加したり

2ヶ月の休薬と抗がん剤治療の組み合わせは
本来のからだの力(お医者さん曰く、頑丈さ)を取り戻したようでした。

もう一度、2ヶ月の休薬のあと
抗がん剤治療7クール目
8回目の入院は、10日間。
今度は、病院のお盆休みにより、早めの退院でした。

退院後は、温泉に泊まったり
新幹線や電車での出張も大丈夫でした。
がん治療は、波があります。
がんと共存しながら、生活の質、QOLは保てていると
このまま、この治療法が続けられたらいいのに・・と願います。

秋になり、シスプラチン(ネダプラチン)の治療は終わりに。
標準治療は、5クールですから
7クールまで打てたのは幸いでした。

1ヶ月休薬の後、パクリタキセル(タキソール)の抗がん剤治療へ
ドセタキセル(タキソテール)にするのか?の判断を主治医は迷っていたようですが
どちらの抗がん剤も通院治療が原則とのこと。
原発巣のがんは小さくなっていても
リンパ節に転移したがんに対する抗がん剤を続けなければいけません。
この抗がん剤から、副作用が強くなりました。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
by Rhythm_studio | 2016-02-06 16:38 | ♪がん治療と終末期医療


<< 2種類目の抗がん剤治療 パクリ... 抗がん剤6クール目と病院の付き... >>