厚生労働省が目指す地域共生社会へ ~我が事 丸ごと~

社会福祉の理念・目的、原則に関する法律「社会福祉法」が改正され
社会福祉法人の責務が示されました。

社会福祉事業の充実・拡大と厚生労働省が目指す地域共生社会へ向けてです。


障がい者グループホームを新築する際に
同じ法人の相談支援事業所を併設することがよくあります。
ですが、最近は(
基幹)相談所を相談支援だけでなく
障害者高齢対策、生活困窮者支援事業、
また認知症などの医療ケアを行う施設を併設して
行政の事業となり、社会福祉法人が受託するケースがふえてきました。


障害の重い人や生活困窮者への積極的なサービスを提供することは
社会福祉法により、社会福祉法人の責務とされ
それぞれの社会福祉法人が事業プラス
地域に必要な公益事業を行うことになったからです。

厚労省が目指す「我が事・丸ごと」地域共生社会実現に向けて
高齢者、児童、障害者、生活困窮者に対する
社会福祉法人の地域に対する責務を各法人が模索のようです。


ある社会福祉法人の企画は、地域の学童保育やデイサービスと連携して
グループホームの夕食を子どもたちと一緒に!
社福の責務というと難しいですが
地域の中心となりコミュニティがつながり広がっていくといいですね。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→  

新たにグループホームのお問い合わせページを作成しました。→  

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
by Rhythm_studio | 2017-06-17 21:03 | ♪変わる支援法


<< トゥギャザーのショップ「パティ... トゥギャザーのショップ「パティ... >>