タグ:バリアフリー住宅・住環境コーディネート ( 17 ) タグの人気記事
グループホームの現状 ~スプリンクラー問題~
新築のグループホームでも建築基準法・都市計画法・消防法は、大変複雑ですが
既存物件のリフォームの場合は
建築基準法で「用途変更」が必要になることもあります。

一般住宅をリフォームするときには、行政の福祉担当だけでなく
都市計画担当の部署へも申請許可が必要です。

グループホームが、共同住居や寄宿舎扱いになるなど
いまだに、地域によっては地区計画の制限があったり
職住分離の問題で、作業所と一緒に建設できないなど注意が必要です。

現状は、公的資金も乏しいことから、福祉法人の自主建築は稀で
公営住宅や民間の空き家を使っているリフォーム物件が多く
バリアフリーやプライバシーの確保の面でも問題があります。

厚生労働省の2013年の調査によると
障害者グループホームの1万5千のうち、7割が賃貸でした。

グループホームの火災が問題になってから
スプリンクラー設置が義務づけられ、高額の設置費用は、大きな負担となっています。
賃貸の場合、家主から設置を認められなければ、住めなくなる恐れもあります。

社会福祉施設へのスプリンクラー設置基準は
多数の入居者が亡くなる火災が起きるたびに厳しくなっています。
2018年4月以降は、設置しない場合、自治体から指導を受けます。

スプリンクラーを後付けで設置する場合
賃貸マンションのグループホームで400万~500万円が必要です。

国の補助制度はありますが、補助枠が狭く、受けるのは難しいようです。

グループホームの経営は収支がほぼ同じというケースも多く
想定外の出費は経営を圧迫しかねない状況です。

スプリンクラー設置だけのリフォームに多額の費用を払うのならば
利用者さんがより使いやすいように、この際、新築へというご意見をよく伺います。

もちろん、入居者の一人ひとりにとって
安全、安心な住まいとなるように、建築・運営ともに考え
障害の重い人とも訓練を重ね、指示に沿って避難できるようにするなど
スプリンクラー以外の安全対策も必要です。

火事だけが災害ではありません。
これからは、災害時避難計画を施設の全体計画と個別支援計画としても考えていくべきです。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらです→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-06-26 09:31 | ♪設計現場から
障がい者グループホーム実例見学会のお知らせ H28年3月
認定NPO法人トゥギャザーは、開設当初から
住環境コーディネートとして
障がい者グループホームの建設をサポートしてきました。

この度、完成した実例を通して
積水ハウスとともに、学び進めた、様々な技術や工夫を体感していただける
「障がい者グループホーム実例見学会」を開催いたします。

b0213333_10411012.jpg


堺市南区泉田中会場
3月17(木)18(金) 10:00~17:00

完全予約制・参加無料です。

グループホームの建設、開設をお考えの皆さま
是非、実物をご覧ください。ご来場、お待ちしております。


また、障害者グループホームや行動援護ハウスで
積水ハウスのアドバイザーとして活躍されている
社会福祉法人 むそう 代表 戸枝陽基さんが
ブログで紹介してくださいました。
以下戸枝さんのブログより 
積水ハウスは。土地のオーナーとグループホームを作りたい法人とを仲介し。
土地は定期借地。建物はその土地のオーナーがお金を出し。
法人は賃料を家賃として支払うシステムを作りました。

4000万はかかるグループホーム新設の初期投資を。土地のオーナーが持って下さる訳です。
この仕組みを使えば、大きなお金のない小さな法人でもグループホームを始められます。

戸枝さんとは、愛知県のグループホーム勉強会でもご一緒しています。
戸枝さん ありがとうございます。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 
HPにこれまでの完成実例も詳しく紹介しています→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-03-09 10:53 | ♪完成した実例物件
抗がん剤6クール目と病院の付き添い ~医療保険と介護保険の違い~
絶対安静の入院の後からは、筋力の低下が戻らず
歩くのがつらく、ゆっくりになりましたが
旅行の許可も出て、2泊3日で懐かしい故郷を訪れました。

また、起き上がる時に足に力が入りにくいので
高さのあるベットに変えて
陽あたりのよいところにベットを移動するため
生活空間すべてをフローリングに改装しました。
(介護認定の申請はしていないので
 介護保険の住宅改修ではありません。
 急ぐ時には、間に合わないですね)

2ヶ月休薬の後、6クール目の抗がん剤治療
ネダプラチン+5FUフルオロウラシルを。
途中、外出許可を得て、トゥギャザーの総会にも参加できました。
7回目の入院は、11日間。

退院の時は、自宅を改装中で家族が付き添いできず・・
こうした時は、移動支援、ヘルパーとか頼めるのでしょうか?

病院内は医療保険の領域となり
医療保険と介護保険は(がん治療は病気で介護保険ではない)
同時に利用できないので、移動支援は使えません。
病院の付き添いは、家政婦協会などに依頼しないと・・・

ちなみに、病院への付き添いを家政婦協会でお願いすると
入会金は別途で、基本3時間(時給3000円~)+交通費で
利用契約書の締結が必要、月の時間契約数もあり
急ぐときは、間に合わないですね。
名古屋から大阪へ新幹線で往復する方がはやくて安い!でした。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-02-06 15:31 | ♪がん治療と終末期医療
グループホーム 「安心の館」 ~三重県 菰野町~
三重県菰野町に今年の春、完成したグループホーム

三重県四日市市の特定非営利活動法人・障害者支援グループ
ピラミッドのグループホーム 「安心の館」を訪れました。

b0213333_12235542.jpg


近鉄 菰野駅 四日市から湯の山温泉へ向かう途中の小さな駅です。

安心の館は、菰野駅から徒歩数分
菰野厚生病院に隣接しています。

b0213333_12241381.jpg


南向きで陽当たりのよいグループホームです。
利用者の皆さんは、作業所へお仕事に行かれて
ホームでは、窓を開け、お掃除をされていました。

快適に暮らし、街に溶け込んでいる完成後のホームを拝見して
とてもあたたかな気持ちになりました。

安心の館は、認定NPO法人トゥギャザーのHPに完成実例で紹介しています。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→  

新たにグループホームのお問い合わせページを作成しました。→  

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村


[PR]
by Rhythm_studio | 2015-11-12 12:52 | ♪完成した実例物件
グループホーム 「安心の館」 ~三重県四日市市 ピラミッド~
この春、認定NPO法人トゥギャザーがサポートした
新しいグループホームが、またひとつ完成しました。

三重県四日市市の特定非営利活動法人・障害者支援グループ
ピラミッド
のグループホーム 「安心の館」です。

安心の館は、三重県菰野町にあり、
主に知的障害を持つ入居者さんの個室10室と
ショートステイ2室です。

3月15日(日)「安心の館」竣工式 
前日に、ちゃんこ鍋のつくねを一生懸命準備されている姿が
~!
新築のグループホームに入居するのは、ドキドキですね。

個別支援計画(アセスメントシート)に基づき
専門スタッフ(世話人・生活支援員)により
日常生活の支援を受け
自己決定・自己選択権を持ち
地域社会で暮らす、住まい・家が、グループホーム(の理想)です。

これからも、継続してモニタリングしていくことで
住環境も個別支援を配慮します。
建設は、完了でなくはじまり。
続けていくことが、次のグループホームへつながると思います。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2015-03-21 12:44 | ♪完成した実例物件
親の家の片づけ 3 来客用布団
来客用布団って、私たち世代では、2~3組ぐらいでしょうか?
来客用布団が必要ない家庭もあるでしょう。

さて、親の家・・・。
一度も使っていない来客用布団が、5組以上ありました。
それも真綿(絹)の掛布団や、敷布団、純毛毛布など。

私たち家族が泊まったのは、子どもが小さい頃まで。
その後も一緒に旅行や温泉に行ったりしますが、
家族全員が泊まるのは、食事も負担になるので
近場の京都やお伊勢さんで、みんなで泊まることも。

今後、高齢の親の家に泊まることがあったとしても
2人分あれば充分です。(緊急で泊まるときだけかな?)
それ以上の人数ならば、ホテルに泊まるほうが楽です。

未使用の布団で、きちんと手入れされていたものは
釜ヶ崎支援機構へ問い合わせて、OKをいただいてから
布団袋で梱包して送りました。雨対策の梱包が必要です。
(引越し用布団袋↑です。100均の収納用では、運搬中に破損します)
布団袋4つ。送料は、もちろん自己負担。
かなりの送料が、かかりましたが・・・

ものを送るということは、相手にとっても受け取り希望のもの
マッチングしなければ、かえって迷惑になってしまいます。
釜ヶ崎では「布団は必需品です」と受け取ってくださったので
「捨てる」が難しい親世代には、ありがたいことでした。

箱に入ったままの高級なボアシーツ、タオルケットなどで
経年劣化がないものは、バザー品に提供しました。
ここまで一緒に片づけたら、判断するのが上手になり
一度でも使用したものは、自分たちで使うか、捨てるか。
新古品でも経年劣化のものは、捨てるができるようになりました。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-11-10 14:43 | ♪障害児母のつぶやき
親の家の片づけ 2 家電の見直し
築30年近く経った親の家の改装。
戸建てユニットバスの工事と洗面所の収納の見直しから始めました。

そして、家電の見直しも始めました。
70~80代の親世代に、これからを快適に過ごしてほしいからです。

応接間(今でいうサロンですね^^)に、ナショナルのFF式石油温風機がありました。
リーコル商品の品番ではありませんでしたが、使用を中止しました。
歳をとってからの灯油による暖房は、灯油の持ち運びも負担です。
(品番違いでしたが不具合があり、ナショナル・パナソニックに連絡しました。
 持ち帰り検証すると思いきや「販売会社か施工会社で点検・修理をお願いします」の逃げ姿勢~^^;
 パナソニックは、FF式の件でリコール成功例のように言われますが
 対象外の品番で同じ症例が起きたら?会社の本質は、お客様相談室でよくわかりました)

また、10年ほど前ケガをしたときに、あとから取り付けた食器洗い機。
こちらは、三洋電機の食器洗い乾燥機でした。
リコール商品と品番は違っていましたが
本体や周囲が熱くなるのが不安で
数度しか使っていませんでした。(リコール理由は、発火)
今はない三洋電機^^;取り外しは、有料でしたが
パナソニックの工事店に頼み、引き取りもお願いしました。

ケガや病気の時は、スーパーやデパ地下でお惣菜を買うし
二人暮らしの親世帯では、食器洗い機は必要ないようです。
私たちの世代では必需品。
ましてや孫世代(10~20代)は、お皿の洗い方を知らない!です^^;

給湯器、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など大型家電を見直す良い機会です。
お布団を干すことも難しくなります。
布団乾燥機や、ポータブル(持ち運びが軽い)除湿器、空気清浄機など
家電の買い替え時に、高齢者の生活に適しているか、相談に乗り選びましょう。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-11-06 18:49 | ♪障害児母のつぶやき
親の家の片づけ 1 戸建てユニットバスへ 
グループホームの居室面積は、一人一部屋。
収納を別として、最低基準が7.43㎡(約4.5畳以上)です。

グループホーム体験の時には、南向きの7畳和室+2畳。エアコン完備。
7畳+押し入れ1間、タンス置き場1間付きで、余裕の収納でした。
引っ越しも自家用車一往復ですみましたし
週末家に帰るので、グループホームは(仮)の意識でしたね。

ずっとグループホームで過ごすようになったら、もっと荷物はふえるでしょう。
高齢になり、グループホームへ入るときも同じです。

私たち世代40~50代では、親の家の片づけがよく話題になります。
「捨てる」がなかなかできない70~80代の親世代。

元気に生活している時から、快適に安全に暮らせるように、
子供世代も手伝って片づけていきましょう。

まず取り組んだのは、お風呂の改装でした。
戸建てユニットバスは、ここ数年、保温機能が格段に進化し
浴槽、壁に断熱材を追加できて、床もカラッとしています。
対応サイズも広がりました。

また、お風呂に入れない日が、改装工事中に3日ほどあります。
その間は、ホテルに宿泊するか、近くのスーパー銭湯を利用するなど、
親世代が、動きが取れるうちに、取り掛かってよかったと思います。

お風呂と洗面所の改装工事。
洗面所の収納を見直すチャンスです。
リビングのような広いスペースよりも、洗面所のような小さいスペースから
量とものを見直し、取りやすい高さまでしか、収納場所を作らない。
安全第一です。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-11-05 16:27 | ♪障害児母のつぶやき
グループホーム あいあい ~社会福祉法人 障友会~
b0213333_14591898.jpg


大阪府堺市西区草部に完成した
社会福祉法人 障友会のグループホーム あいあい
利用者の皆さんから、使い勝手が良いと評判です。
障友会さんのHPで、ご紹介いただきました→☆

認定NPO法人トゥギャザーのHPにも
完成実例として詳しく紹介しています→☆
ぜひ、ご覧ください~♪

また、障害者グループホームや行動援護ハウスで
積水ハウスのアドバイザーとして活躍されている
社会福祉法人 むそう 代表 戸枝陽基さんが
ブログで紹介してくださいました。
以下戸枝さんのブログより 
積水ハウスは。土地のオーナーとグループホームを作りたい法人とを仲介し。
土地は定期借地。建物はその土地のオーナーがお金を出し。
法人は賃料を家賃として支払うシステムを作りました。

4000万はかかるグループホーム新設の初期投資を。土地のオーナーが持って下さる訳です。
この仕組みを使えば、大きなお金のない小さな法人でもグループホームを始まられます。

その仕組みでグループホームを作られた社会福祉法人障友会さんのサイトです。
http://shoyukai.or.jp/newshome/1290

戸枝さんとは、愛知県のグループホーム勉強会でもご一緒しています。
戸枝さん ありがとうございます。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-06-28 11:20 | ♪完成した実例物件
障がい者グループホーム実例見学会のお知らせ H26年5月
認定NPO法人トゥギャザーは、開設当初から
住環境コーディネートとして
障がい者グループホームの建設をサポートしてきました。

この度、完成した実例を通して
積水ハウスとともに、学び進めた、様々な技術や工夫を体感していただける
「障がい者グループホーム実例見学会」を開催いたします。

b0213333_14591898.jpg


大阪府堺市西区草部会場
4月24日~26日10:00~17:00

b0213333_14593388.jpg


大阪府堺市中区深坂会場
5月1日~3日10:00~17:00

両会場ともに完全予約制・参加無料です。

グループホームの建設、開設をお考えの皆さま
是非、実物をご覧ください。ご来場、お待ちしております。



認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-04-10 15:15 | ♪完成した実例物件