タグ:個別支援計画(アセスメントシート) ( 7 ) タグの人気記事
合理的配慮とは? 難しく考えず、個別支援です!
平成28 年4月1日から「障害者差別解消法」が施行されました。
この法律は、障害を理由とする差別の解消・・・と難しい言葉が並びますが
「合理的配慮」がなされているか?が重要になります。
企業だけではありません。
福祉施設でも障がい者権利擁護を再認識して勉強しています。

今の生活介護施設で5年目です。
個別支援計画の内容も変わってきました。
より具体的な到達目標に向けて、本人の役割の支援内容があります。

障害のある子を育てていると
日々、変わらないと思うこともありますが、
小さなことから子どもの成長を実感します。

先日、トゥギャザーのお菓子の販売会に一緒に行きました。
前回一緒に行ったときに、並んでいるお菓子を全部買おうとするし!
(ビュッフェとか、たくさん食べ物を見ると大変なんですよ^^;)
私が話をしているのが待てなくて「早く帰ろうよ~」になりました。

今回は、子どもと離れる時間が必要だったので
どうしたら待てるか、行く前に予定を一緒に作り、話しました。
(これも個別支援計画です^^)

「販売会のお手伝いをしてくれる?」
(うろうろして待つのは限界がある)
「エプロンをして、あいさつをしようね」。
「1時間がんばれるかな?」

販売会に到着すると予定がわかっていて、スイッチが入り
自分からエプロンをして、がんばるつもりの笑顔です。
こういう時は、母子分離のチャンス。
近くにいたり、たびたび顔を見せると
かえって反応をうかがい、言葉が多くなります。

1時間後、疲れたのか、時々座り込みながらも
お客さんが通るたび立ち上がっては、あいさつをしていました。

そして、エプロンをとってお買い物タイムへ。
これまでは、見たもの全部ほしい~!でしたが
1時間、商品を見ていたので、うわ~っとならずに選びました。
熊本応援のくまもんのイラストがついたお菓子でした。
(うちの子、くまもんに似てます^^)

上手に見守ってくださったのは
トゥギャザーの職員さん!さすがです!!
支援とは、「その人」に必要な配慮が何か?という
個別支援、アセスメントを把握することです。
それが、合理的配慮につながると思います。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを
多くの方に知っていただきたく、にほんブログ村に参加します。

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-05-30 18:16 | ♪障害児母のつぶやき
保護者も一緒にグループホーム作りを~!
今年も残り少なくなりました。
出会いあり、別れありの一年でした。
今年は、職員さんとの別れが多く、
福祉と違う仕事に就かれたり、独立されたり
また再会した時に、成長した姿を見ていただきたいものです。

個人的には、一日一日を大切にしていこうと
あらためて強く思った一年でした。

子どもの通う施設で保護者会の役員をしています。
通所施設は、年齢層が幅広く
利用者さんとのほうが、年齢が近いぐらい。
役員の保護者は親世代です。
そんな親世代の保護者が、「子どもたちに働く場を」と
これまで頑張ってくださったから今の施設があります。
そして「働く」の次の段階が「暮らす」グループホーム。

障害のある人にとっても
自立とは
・社会での適応能力を身につけ
・就労して、工賃など収入を得る
・成人したのちは、いずれは親元から独立する
健常な人といっしょの過程です。

個別支援計画(アセスメントシート)に基づき
専門スタッフ(世話人・生活支援員)により
日常生活の支援を受け
自己決定・自己選択権を持ち
地域社会で暮らす、住まい・家が、グループホーム(の理想)です。

それは、保護者も一緒になって、作り上げていくものです。
若い保護者が、これまでの保護者の頑張りを引き継いでいきましょう~。
障害者総合支援法に変わり
「行政や法人がなんとかしてくれる」と考える親がふえたような。
保護者会の出席率が年々下がっていくのを切なく感じます。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-12-22 15:39 | ♪グループホームとは
ヘルパーさんは、外国人♪
特別支援学校や生活介護事業所の帰りの風景。
ずらっとお母さんが並んでいたのは一昔前。
今は、ヘルパーさんと帰っていく子どもたちがふえましたね。

お医者さん探し ヘルパーさん探しで、書きましたが
移動支援のヘルパーさん探しは一苦労~。

子どもが中学時代からお世話になっている事業所は
今や、個別支援計画(アセスメントシート)を作成してくださり
余暇支援のプールの目標や移動中の避難訓練まで!
ですが、人気が高くて、スタッフ不足が続き
週に1,2回、帰りにお願いできればラッキー!な状態。

朝の通所の移動支援がある事業所は、まだまだ少なく
朝は、学生時代からずっと母子で通学していました。
が、2年前から、ヘルパーさんと通所の日も。

昨年からお願いしている事業所は、
今年度、ヘルパーさんが外国人に!@@
当初、文化の違いに、私は戸惑ったのですが
子どもは、簡潔な日本語のやりとりが
かえってわかりやすく、外国人ヘルパーさんと合っているようです。

高齢者の介護施設でも外国人スタッフがふえましたね。
なかなか続かないのが、どこの事業所も悩みのようです。

これからは、支援する職員さんが、施設・法人、ついに国も越えて~^^
話し合う機会を設けたり、スタッフへの提示、啓発活動が必要になってきました。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-12-15 15:56 | ♪障害児母のつぶやき
グループホームへ入るときはいつ?
認定NPO法人トゥギャザーの住環境コーディネート担当として
障がい者グループホームの建設をサポートしています。

ところで、子どもが通所する施設の法人が運営するグループホームは
常に、これからのグループホームのあるべき姿を見せてくださいます。
この法人の素晴らしさは、障害程度区分(支援区分)で、入居者を選択するのではなく
それぞれの個別支援計画(アセスメントシート)に基づき
専門スタッフ(世話人・生活支援員)により、日常生活を支援して
利用者に決定権があり、地域社会に暮らすことを実現しているところです。
入居者は、決して軽度ではありません。重度の方や高齢の方が多く入っています。
入居前には、本人、家族、支援する皆で、よく話し合います。

うちの子どもは、グループホームは、まだ先かな?と思いながら
体験のグループホーム(3ヶ月×2回)を経て
現在は、通所しながらショートステイを練習をしています。

グループホームへ入るときは、思いがけず来るかもしれません。
毎日の送り迎えなど、子どもの世話(支援)が大きく占める私の生活も変わるかも?
ホームに入っても週末はべったりだし^^まだまだ、親業は続きますが。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-04-19 20:45 | ♪グループホームとは
グループホームと個別支援(アセスメント)
12月3日から9日の1週間は「障害者週間」です。
障害者について関心と理解を深める目的で定められました。
認定NPO法人トゥギャザーも障害者週間には
梅田スカイビルにて「ふれあいトゥギャザー」
シンポジウムや販売会を毎年開催しています。

今年は、グループホームについて、愛知県のシンポジウムにも参加します。

ホームの建設は、ハード面だけでなく、
「その人」に必要な配慮が何か?という評価(アセスメント)を
支援する人たちで集まり、話し合うことが大切です。
入居前に「本人のアセスメント」を把握しているかが重要です。

そのうえで、設計に関わるチームは、ハード面は既成品を活用し
障害のある人にとって役立つ建材や設備、照明や防音対策、仕切りを提案し
支援するスタッフとも話し合い、アセスメントに寄り添い
入居者される方が、安心して、安全に暮らせるホームにと取り組んでいます。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2013-12-05 19:19 | ♪設計現場から
発達障害の学生 大学に入ってからの支援
就労支援に取り組んでいて、問題になるのは中間労働市場です。
いわゆるニートや若年無業者の定義は
「学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事をしていない15~34歳」ですが
近年はニートの年齢があがり(社会現象となって15年以上が経過しています)
35~60歳が6割を超えて、パラサイトを受ける親の高齢化も社会問題となっています。

また、高機能広汎性発達障害学生の就労訓練・就職活動対策の相談も受けますが
発達障害のある子どもや成人の支援体制が進む中
手帳がなく、大学や専門学校に入る学生に対してこそ課題がいっぱいです。

はじめて自分で授業を選択する履修制度やクラスという単位がない
所属する場所がないことを経験する学生。就活になるともっと大変です。

発達障害のある人が就職活動で悩むのは、一般雇用で働くか障害者雇用で働くかということ。
手帳がなくても行政とのやりとりや学生課へ相談することで
放課後等デイサービス(高校生まで)や就労支援を受けることも可能になってきました。
就労までに自己受容が進んでいけば(できることならば保護者の方も)
より良い自分の将来、働いている姿がみえてくるのではないかと思います。

ボーダーや手帳の有無は問わず、軽度の障害のある方にとって
より早期に就労訓練をはじめることが、仕事につく、暮らす、自立への一歩です。
放課後等デイサービスを就労支援!という事業所も開設しましたよ。
目標は!
・人間関係・社会性・対人スキルを学生のうちに身につける。
・具体的にアドバイスを受ける
 この場面での言い方・表現・態度、細かく指摘する。
・就労時間数、短時間労働を検討する
 週30~40時間 日祝休み
・社会自立への強い不安をやわらげ、自信をつけて就労へ!


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 
お問い合わせは、こちらまで→

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いいたします~♪
[PR]
by Rhythm_studio | 2013-03-10 14:29 | ♪働くって素晴らしい!
はじめてのグループホーム 2
グループホームの利用決定通知書が届いたら
担当区(H24年当時は)地域生活支援センターへ行き
共同生活介護のサービス申請をします。

また体験でも、家賃補助
月額1万円、名古屋市から事業所に支払われます。

区役所へ「生活体験訓練事業」の利用決定通知書を提出すると
受給者証に下記↓の支給量が追加されます。

共同生活介護基本 31日/月
共同生活介護補足給付対象者

そして、利用するグループホームと契約です。
このときにサービス管理責任者さんから
聞き取り調査があり
共同生活体験の個別支援計画書(アセスメントシート)が作成されました。

本人、家族の支援へのニーズ
支援の方針、しっかりと話し合いましょう。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらです→ 
グループホームホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2012-01-14 14:22 | ♪グループホーム体験記