タグ:移動支援事業 ( 10 ) タグの人気記事
抗がん剤6クール目と病院の付き添い ~医療保険と介護保険の違い~
絶対安静の入院の後からは、筋力の低下が戻らず
歩くのがつらく、ゆっくりになりましたが
旅行の許可も出て、2泊3日で懐かしい故郷を訪れました。

また、起き上がる時に足に力が入りにくいので
高さのあるベットに変えて
陽あたりのよいところにベットを移動するため
生活空間すべてをフローリングに改装しました。
(介護認定の申請はしていないので
 介護保険の住宅改修ではありません。
 急ぐ時には、間に合わないですね)

2ヶ月休薬の後、6クール目の抗がん剤治療
ネダプラチン+5FUフルオロウラシルを。
途中、外出許可を得て、トゥギャザーの総会にも参加できました。
7回目の入院は、11日間。

退院の時は、自宅を改装中で家族が付き添いできず・・
こうした時は、移動支援、ヘルパーとか頼めるのでしょうか?

病院内は医療保険の領域となり
医療保険と介護保険は(がん治療は病気で介護保険ではない)
同時に利用できないので、移動支援は使えません。
病院の付き添いは、家政婦協会などに依頼しないと・・・

ちなみに、病院への付き添いを家政婦協会でお願いすると
入会金は別途で、基本3時間(時給3000円~)+交通費で
利用契約書の締結が必要、月の時間契約数もあり
急ぐときは、間に合わないですね。
名古屋から大阪へ新幹線で往復する方がはやくて安い!でした。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-02-06 15:31 | ♪がん治療と終末期医療
障害支援区分認定とサービス利用計画
障害福祉サービスを利用するために
障害支援区分認定が必要で三年ごとに区分認定調査があります。
(三年前に受けたことすっかり忘れていました^^;)

まず、特定指定相談支援事業所を選び、契約します。
今回は、特定支援相談事業所は、以前と同じですが
相談支援専門員さんが、はじめまして~の方でした。

サービス利用計画とは、介護保険でいうケアプランです。
福祉サービス・種類・内容・時間を話し合いながら決めます。
初回は時間がかかりますが、継続なので、問題なくすすみます。

大変なのは、障害支援区分の聞き取り調査。
こちらは、地域の障害者基幹相談支援センターに市が委託しています。
区の相談支援センターの方もはじめまして~でした。
本人、家族、支援員さんと聞き取り調査があります。

区分認定って、駆け引きみたいで嫌なんです~。
(介護の認定もそうですよね)
できる、できないとか、問題なことを本人を前にして言うのも辛いし。
かといって、しっかり判定、区分をもらわないとサービスが受けれないし。

生活介護事業所に通所しているので、区分3以上必要ですが
判定は、余裕でクリアでした。(喜ぶべきなのか・・・)
最近の区分判定は、コンピューターに入力しているそうで
以前のような人により判定が違う~ことはないそうです。
が、高齢者の介護・身体障害を中心とした質問内容なので
知的障害には、必ずしも適正な質問とは言えないですね。

大きな分かれ目の区分3と区分2の違いは
移動支援が必要か?一人での通所が可能か?だそうですよ。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2016-01-10 12:43 | ♪変わる支援法
敬老パスを落してしまった!
以前に、福祉乗車券を落としてしまったことがあり
区役所の福祉課へ届け出から1カ月後に、再発行となり
その間は、通勤用の1か月定期をマナカで作りました。

昨年は、移動支援のヘルパーさんが
介護者用の福祉乗車券を落として

介護者用の乗車券も、届けてから再発行に1カ月かかりました。

マナカは、名古屋を中心に、名鉄や名古屋市営地下鉄で使用するICカードです。
記名式マナカでは、地下鉄の窓口で、再発行手続きを取り
紛失再発行整理票が発行されて、マナカの使用停止措置になり
手数料500円、新しいデポジット500円
あわせて1000円で、再発行ができます。

今度は、敬老パスって・・・
名古屋では敬老パスと呼んでいる、高齢者の優待乗車証。
実家での出来事で、奈良市では「老春手帳」といいます。
名前からして?ですが、平成27年から「ななまるカード」へ変わりました。
どちらにしても、落とした本人も、家族にとっても解りにくいことばかり。

ICカードにチャージしたお金は、デポジットと手数料500円で停止できたようですが
市役所も、奈良交通(奈良には市バスがないので)、警察も?ばかりでしたよ。
落し物って、今はネットで、担当地域の警察を検索して問い合わせるのですね~
パソコンが使えない高齢者にはどうしたらよいのやら?
障害者も高齢者もかかえる家庭としては、悩むことが多いです。

さて、この春、地域で暮らすグループホームは着実に!
3月15日は、三重県菰野町に竣工してOPENするグループホームは
トゥギャザーのHPへのお問い合わせから始まりました!


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2015-03-03 19:42 | ♪障害児母のつぶやき
ヘルパーさんは、外国人♪
特別支援学校や生活介護事業所の帰りの風景。
ずらっとお母さんが並んでいたのは一昔前。
今は、ヘルパーさんと帰っていく子どもたちがふえましたね。

お医者さん探し ヘルパーさん探しで、書きましたが
移動支援のヘルパーさん探しは一苦労~。

子どもが中学時代からお世話になっている事業所は
今や、個別支援計画(アセスメントシート)を作成してくださり
余暇支援のプールの目標や移動中の避難訓練まで!
ですが、人気が高くて、スタッフ不足が続き
週に1,2回、帰りにお願いできればラッキー!な状態。

朝の通所の移動支援がある事業所は、まだまだ少なく
朝は、学生時代からずっと母子で通学していました。
が、2年前から、ヘルパーさんと通所の日も。

昨年からお願いしている事業所は、
今年度、ヘルパーさんが外国人に!@@
当初、文化の違いに、私は戸惑ったのですが
子どもは、簡潔な日本語のやりとりが
かえってわかりやすく、外国人ヘルパーさんと合っているようです。

高齢者の介護施設でも外国人スタッフがふえましたね。
なかなか続かないのが、どこの事業所も悩みのようです。

これからは、支援する職員さんが、施設・法人、ついに国も越えて~^^
話し合う機会を設けたり、スタッフへの提示、啓発活動が必要になってきました。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-12-15 15:56 | ♪障害児母のつぶやき
障害者の手術・麻酔の注意点
10月になりました。
いつもなら、風が心地よく気持ちの良い秋ですが
御嶽山の噴火は、とてもつらく、胸が苦しいです。
自然災害がふえてきた昨今ですが、火山噴火とは。
紅葉の美しい、おだやかな御嶽山で起こるなんて・・・

さて、先日、子供の手術に付き添いました。
数年前から、腰にコブのような腫瘍ができていましたが
痛みもなく、本人も気にしないのでそのままにしていました。
が、この夏ごろから、ベルトに当たったり、座ると違和感があり
本人が「取りたい」と言いだして、個人病院へ行きました。

良性の腫瘍ですが、手術で取る以外に処置がなく
知的障害のある人の手術は、麻酔に問題があるため
総合病院で手術してほしいと、紹介状をいただきました。

そして、総合病院で手術することになりましたが
やはり、全身麻酔は、絶食しないといけないので、知的障害には難しい。
下半身麻酔ならば、食事ができるので、下半身麻酔ですることに。
が、手は動きますよね。(口はもっと動くぞ~!)^^;

「お母さん、向き合って、手をつないでくれますか?」と。
麻酔に30分、手術は背中から切開して、10針ほど縫うので1時間。
私は1時間半、手術を見ながら、がんばれるか?

 P.S 無事に終わりました^^
 手はつながずに、うつぶせ寝の肩を向き合ってすわった私が軽く手を添え
 やはり、おしゃべりは止まらなかったけれど・・・
 最初の麻酔の注射から、手もカラダも動かすことなく
 先生も「これから、もしもの大きい手術や歯の麻酔も大丈夫ですね」と。

 P.SⅡ 普通の人でも背中の手術は不安だそうです。
 先生から、「ゴルゴ13でも、俺の後ろに立つなとあるでしょう?」と。
 ・・・知りませんでした。(素敵な女医さんです。ゴルゴ13好きには見えません~)
 

このごろの手術は、日帰りです。
腫瘍は、ピンポン玉くらい。体内は、溶ける糸で10針、背中は、青い糸で10針。
明日は、診察と消毒で病院へ行ってから通所、順調にいけば、10日で抜糸です。
(移動支援の必要不可欠を利用して、病院へ通うことも可能です)


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-10-02 10:43 | ♪障害児母のつぶやき
福祉乗車券を落してしまった!
またまた、福祉乗車券を落としてしまいました~。
2年前は、本人が通所時に福祉乗車券を落としてしまい
区役所の福祉課へ届け出から1カ月後に、再発行となり
その間は、通勤用の1か月定期をマナカで作りました。

今度は、なんと移動支援のヘルパーさんが
介護者用の福祉乗車券を落としてしまいました。
新人のヘルパーさんで、ポケットに入れていたそうですが・・・
区役所の福祉課にヘルパーさんと3人で、再発行の手続きへ。
介護者用の乗車券も、届けてから再発行に1カ月かかります。

本人の福祉乗車券と手帳があるので
乗るたびに窓口へ提示すれば、障害者介護割引になります。
が、ついて走るヘルパーさんは急ぐので「マナカにします」と。
マナカでは、介護者の障害者割引がないけれど・・・

マナカといえば、またまたマナカを落した兄弟がいます!!!
記名式マナカでも、電話がかかってこないです。
地下鉄の窓口で、再発行手続きを取りました。
紛失再発行整理票が発行されて、マナカの使用停止措置になり
その間に使われていたチャージの補償はありません。

翌日以降に、手数料500円、新しいデポジット500円、あわせて1000円で
やっと再発行って、時間もお金もかかりすぎ。(前のデポジット500円も返らない)
マナカにする意味って、ないような気がする?
オリンピック誘致では、「落し物が返ってくる日本」を主張していましたが、まだ遠いなぁ~。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-07-06 15:43 | ♪障害児母のつぶやき
お医者さん探し ヘルパーさん探し
暑くなってきましたね。
知的障害のある人たちは、体温調整が未発達なことが多々あります。
うちの子は、この時期、よく熱中症になります。
(普段は、風邪ひとつひかない、医療証いらずですが・・・)
通所している生活介護施設は、体温、顔色、こまめなチェックで
悪化する前に、早めに帰宅など、臨機応変にみてくださり
インフルエンザなどの予防接種は、施設で受けれるので
病院へ行くことが、まずない。

そうなると、いざ!という時困るのが、お医者さん。
かかりつけ医を持ちましょうと言われるこの時代に。

お医者さんだけではありません。
移動支援のヘルパーさん探しも一苦労。
子どもが、中学生になった頃
母親とだけ一緒に過ごすことから、次の段階
ヘルパーさんと通学できるようにと思い
10年かけて、ずいぶん人が入れ替わりましたが、
本人の障害特性をよく理解したヘルパーさんに少しずつ恵まれ・・・

ただ、男性ヘルパーさんは少ない上に、人気も高い♪
学童期男子のプールなど余暇支援には、男性ヘルパーが必須だし
大人男子、通所の帰り利用では、時間数が少なくて、難しい。

朝の通所の移動支援のヘルパーさん探しは、もっと大変。
事業所は、ふえてきたけれど、朝のヘルパーさんは、なかなかいない。
ひとりでも通所は出来るけれど、人に迷惑をかけない通所のために。
妥協せずに、まだまだ続くヘルパーさん探し。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2014-06-03 20:08 | ♪障害児母のつぶやき
ふたたびのグループホーム
はじめてのグループホームから1年。
本人から、もう一度グループホームで、生活したい!との要望で
ふたたび、3か月のグループホーム体験が決まりました。

「暮らし経験」、前回と世話人さんが一緒です。
よく理解してくださっているので、安心してお願いできます^^
(通所施設は、1年前と変わり、生活介護施設に移動支援を使って通所しています。)

申し込みは、地域の生活支援センターへなど
昨年、経験したことで、スムーズに入居まですすみました。

また体験でも、家賃補助が
月額1万円、名古屋市から事業所に支払われます。

区役所へ「生活体験訓練事業」の利用決定通知書を提出すると
受給者証に下記↓の支給量が追加されます。

共同生活介護基本 31日/月
共同生活介護補足給付対象者

そして、利用するグループホームと契約です。
このときにサービス管理責任者さんから
聞き取り調査があり、二度目への意気込み!
個別支援計画書(アセスメントシート)が、新たに作成されました。。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 

グループホームのことを
多くの方に知っていただきたく、にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村
[PR]
by Rhythm_studio | 2013-01-04 11:07 | ♪グループホーム体験記
サービス利用計画が必須になります
サービス利用計画とは、介護保険でいうケアプランです。
個別支援計画(アセスメントシート)とは違いますよ~^^;

障害者自立支援法の改正により
生活介護事業所・移動支援・ショートステイや
グループホームを利用するのに、サービス利用計画が必須となります。

名古屋市では平成25年4月より完全実施の予定です。

作成は、特定指定相談支援事業所を選び、契約します。
そして、特定支援相談事業所の相談支援専門員に作成してもらいます。
作成後、原則6カ月ごとにモニタリング(評価)があります。。


認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→

グループホームのことを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いいたします~♪
[PR]
by Rhythm_studio | 2012-04-17 14:40 | ♪変わる支援法
こんなときどうする? 通所に移動支援を利用
落とした福祉乗車券の再発行には
区役所の福祉課へ届けてから1カ月かかります。
名鉄は一人での乗車は、障害者割引の対象になりません。
(名鉄は重度障害、介護付きしか半額にならない)
交通局の土日エコきっぷも障害者割引はないんですよ~。

「マナカ」(乗車券ICカード)に5000円チャージしましたが
通所に、バス・地下鉄・名鉄を経由するので
交通費が往復で一日1000円かかります。

ところが、次の日にチャージが底をつき、交通費が払えなくなり・・・
電話がかかってきました。

どうやら「マナカ」を使って、コンビニで大豪遊したらしい~!!
知的障害のある子に、教えることは一苦労ですが
本人に都合がいいことだけは、すぐに吸収します^^;
「マナカ」を没収し!、ホーム~通所施設までの
通勤定期1カ月を作りました。

こうした経緯を経て、通所に移動支援が必要!と実感しました。

認定NPO法人トゥギャザーでは
知的障害や精神障害のある人を入居者とする
グループホームづくりをサポートしています。

認定NPO法人トゥギャザーの公式HPはこちらです→ 

お問い合わせは、こちらまで→ 
グループホームを多くの方に知っていただきたく
にほんブログ村に参加します。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いいたします~♪
[PR]
by Rhythm_studio | 2012-02-03 15:45 | ♪グループホーム体験記